周囲への理解を促すことも大切

何らかのアレルギーを持ちながらも、働かなければならない方も多いと思います。症状はかゆみ、鼻炎、目のかゆみなど様々であり、他の人になかなか辛さを分かってもらえないものです。仕事内容によって、症状が仕事の支障となることもあるでしょう。例えば皮膚疾患であれば、見た目に大きな影響を及ぼすことがあります。特に美容に関連する接客業をしていれば、こうした皮膚疾患は極力避けたいものです。また薬を服用していると、副作用による眠気や判断力の低下などのおそれもあるので、トラックの運転手等は下手をすれば命取りになってしまいます。

アレルギーに悩まされている人に重要なこと。それはまず、アレルギーの専門医に見てもらい、何が原因で症状が出ているのかを明確にさせることです。もしアレルギーの原因となっている物質が職場に存在する場合、取り除いても業務に支障が出ないようなら上司などに説明して取り除いてもらいましょう。症状に合わせて、それを軽減させるような治療が病院で提案されるはずなので、その治療を続けつつ、周囲の人にも理解してもらうために説明しておくことも必要です。辛さを1から分かってもらうことは難しいかもしれませんが、「生活に支障がある」ということを分かってもらうことはできます。

職場でアレルギーをどうすることもできなくなった場合、やむなく退職したり転職したりすることもあるかもしれません。新しく就職しようとするときに退職理由を聞かれるかもしれませんが、その時は素直に答えましょう。働く中で少しでもアレルギー症状を改善するためには、アレルギーを周りに理解してもらうことがポイントだと言えます。周囲の人にアレルギーを説明するには、自分自身が一番理解していないといけません。自分の身体に何が起きているのかを知っておくためも、アレルギーの基礎知識を学んでおくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP