腹痛を起こさないために

なぜかいつも腹痛を起こしてしまい、よく下痢症状が起きてしまうという方もいるかと思います。そうした症状が頻繁にあるのなら、どういった条件のときに下痢症状が起きるのかを調べてみることをオススメします。しっかり探ってみると、案外何らかのアレルギーを持っていたりするものです。「まさか自分がアレルギーなんて」と思っている方もいるかもしれませんが、人はなにかしらのアレルギー反応を持っているものなので、なにも不思議な事ではありません。
その他に、ストレスで起こる腹痛・下痢である場合もあります。心と身体は密接に関わり合っているため、内面の方も調べてみる必要があります。

どうして下痢症状を起こしてしまうかというと、消化している食べ物の水分をしっかりと体に吸収することが出来なかったためです。場合によっては、腸に異常があることで水分分泌を起こしてしまい、下痢を引き起こしてしまうこともあります。下痢になってしまう原因としては、食べ物、ストレス、食中毒、食あたり、お腹の冷え、体調不良、食べ過ぎ、飲み過ぎなどが考えられます。下痢症状を引き起こすことが多い方は、この中から思い当たる原因を探ってみるといいでしょう。

外出先や大事な場面で腹痛を起こさないためには、まず原因を見直すことが大切です。例えば、食べ物に関するものであれば、外出予定がある前日から食べ物に気を付けることで症状を抑えることが出来ます。ストレスがたまっている方は、自分に合ったストレス発散方法を考えましょう。やむを得ず外出先で腹痛が出た場合には、まずお腹を締め付けない様にベルトを緩めたり、外すようにして、お腹への刺激を抑えましょう。そして、お腹周りをゆっくりとマッサージするのもおすすめです。手をそえてしっかり温めて、痛みを和らげると楽になります。どうやっても痛みが収まらないのであれば、緊急用の市販薬を常備し、服用することがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP